eマナビバ

MENU

開講コース

現在開講しているコースはこちらになります。受講したいコースの「詳細」をクリックすると、コース内容の詳細及び購入可能ページに遷移いたします。

「フォーラムとしての議会」を提案する江藤教授による視点

議会改革の実践手法 議会からの政策サイクルを作動させる

議会の存在価値を示す方向性が見え始めたのではないかと。政策の選択と集中が求められるようになる中で、地方議会もしっかりと「人格を持った」機関として動き出している。新しい動きとしては、執行機関の追認機関ではなく、議員間討議を行うなど真に議論する場になってきたこと、議会報告会や公聴会を行うなど開かれた議会になってきたこと、議決責任を重く感じることによって議会改革が進んできた。自立した地方政府確立に向け、「住民自治の根幹」としての議会を創り出そうという大きなうねりが起こっている。

第1講
議会が人格を持つ
第2講
議会運営の通年・通任の意味
第3講
「議会から」政策サイクルの特徴
第4講
フォーラムとしての議会を創りだす
第5講
議長のリーダーシップと議会(事務)局の充実
第6講
議員定数・報酬の考え方
第7講
議員定数・報酬の基準
講師江藤 俊昭/山梨学院大学法学部政治行政学科教授
江藤 俊昭/山梨学院大学法学部政治行政学科教授
1956年生まれ。中央大学大学院法学研究科博士課程後期満期退学。博士(政治学、中央大学)。山梨学院大学法学部教授。山梨学院大学ローカル・ガバナンス研究センター所長。2007年から第29次地方制度調査会委員を務める。

ユーザー登録がお済みの方は、購入ボタンをクリック後、
支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

1年間/¥5,000(税別)

初めての方は、「ユーザー登録」ページをご覧いただき、「ユーザー登録」をお願いいたします。