eマナビバ

MENU

開講コース

現在開講しているコースはこちらになります。受講したいコースの「詳細」をクリックすると、コース内容の詳細及び購入可能ページに遷移いたします。

地方議員、国会議員、知事の現場を経験した北川教授による視点

地方分権時代の議会の役割[ 1 ]

地方分権が進む時代変化の中で議会はどう変わったのか。最も象徴的なものとして、議会基本条例が挙げられる。
議会基本条例が制定された結果、議員提案による条例制定が活発化するなど、議会改革の旋風が巻き起こっている。
一方で、議員の意識面も含めて議会は本当に変わったのか、二元代表の一翼として民意を反映する機能を果たしているのかが問われている。有権者は議員個人に関心はあったとしても、議会に対してどれほどの信頼を寄せ、期待しているのか。

【第1回】地方分権時代の地方議会のありかた

第1講
地方分権の流れ
第2講
首長(執行部)による自治基本条例、議員提案による議会基本条例
第3講
議会改革の潮流
第4講
民意の集約(首長)、民意の反映(議会)
第5講
議会と議員の混同
講師北川正恭/早稲田大学政治経済学術院教授
北川正恭/早稲田大学政治経済学術院教授
1944年生まれ。早稲田大学商学部卒業後、1972年三重県議会議員(3期)、1983年衆議院議員(4期)1995年、三重県知事当選(2期)。2003年退任後、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)共同代表。2004年早稲田大学マニフェスト研究所設立、所長に就任。2009年11月内閣府「地域主権戦略会議」委員に就任。

ユーザー登録がお済みの方は、購入ボタンをクリック後、
支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

1年間/¥5,000(税別)

初めての方は、「ユーザー登録」ページをご覧いただき、「ユーザー登録」をお願いいたします。